マッサージによる症状改善

マッサージを行うことにより、
体の組織が柔らかくなり、
血液の流れを改善していきます。

長期間活動が低下することで、
関節が固くなり血液の流れも悪くなります。
動きも低下し以前より運動量が低下すると、
さらに関節が固く、動きも悪くなり症状の悪化を招きます。

これをネガティブサーキット(負の連鎖)と呼び、
病状の進行を招き回復の妨げとなります。

早期にマッサージを行うことにより、
・関節の動きをなめらかに、動く範囲(可動域)を広げ、
・血液の流れを改善し、筋肉や関節の組織を緩やかに、
・むくみで溜まった老廃物の代謝を促し、
・痛みの症状を和らげ、
病状の改善、機能の向上を図っていきます。

訪問マッサージとは?

鍼灸による可能性

○症状の改善が見られない方や、
 鍼灸は興味があるが、通院できない方など
 訪問鍼灸施術が御利用頂けます。

○主治医の先生と連携を取りながら施術を行い、
 東西医学の融合を図り、
 より一層の改善、向上を目指していきます。

○医師の同意による施術は医療保険適応となり、
 継続診療による経済的な負担も軽減され、
 より安心して療養に専念することが可能です。

訪問鍼灸とは?

お問合せ・体験マッサージお申込み

トップへ
inserted by FC2 system